現役塾講師がオススメする塾の選び方 1

ミナライです。

この時期になると、「冬期講習」「新年度生徒募集」といった塾のチラシが多くなる時期です。

・期末テストの結果が悪かったから、塾に行かせようかしら。

・来年は受験生だから、そろそろ塾に行かせようかしら。

・周りの子が塾に行き出したし、そろそろウチの子も考えようかしら。

・チラシに「冬期講習無料」と書いてあるから、とりあえず行かせてみようかしら。

こんなことを考えたりするものです。

今日は、塾選びで必ずやってほしいことをお伝えします。

1.説明を聞きに行く

2.体験・見学に行く

3.子ども本人に決めさせる

1〜3を数回に分けてお伝えします。

1.説明を聞きに行く①

大手の塾はたいてい説明会を行っていますが、小規模塾や個人塾はあまり説明会を行っていません。ただ、事前に予約をしたり、場合によってはパンフレットをもらいに行ったりした際に、個別に説明・相談に応じてくれます。

「足を運ぶとなると面倒だし、電話でいいじゃない。料金とかはホームページに載ってるし。」

このように思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「百聞は一見に如かず」のことばにあるように、実際に足を運ぶと得られる情報もあるものです。特に小規模塾や個人塾の場合は、実際に指導する講師が説明することがあります。そうであれば、その講師の人柄をより知ることができるかと思います。

電話の声からイメージしたその人と、実際に会って話したときのその人が、まったく違っていたということは多くの方に経験があるのではないでしょうか。

ただ、説明を聞きに行く際には、電話・メール等で事前に予約されることをオススメします。個人塾の場合、一人の講師が生徒の指導と来客応対の両方をしていることがあります。せっかく足を運んだのに、講師が授業中で、十分な説明をしてもらえなかったのでは、お互いに勿体なく感じてしまいます。

また、事前に電話・メールをすることで、その応対が丁寧かどうかを知ることもできます。

【次回は説明を聞きにいった際に、聞いておくべきこと・よくある質問をご紹介します。】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする