春のSAiNがやってきました!

いつも当ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

温かい春の時期がやってきました。

そして、いよいよ、この5月からは新しい「令和」の時代がやってきます。

「和」の文字のごとく、平和で穏やかな時代となることを願っています。

さて、『SAiN 春号』をお届けする準備が整いました。

春号は、かわいらしいイチゴが表紙です。

表紙の中央には、「一期一会の春になる」とシャレが入っています。

昨年の春に、初めてお会いした方から、このようなことを教えていただきました。

「一期一会という言葉は、茶道の言葉で有名だが、『一期一会 余剰残心』とセットになっていた言葉である。いつの間にか、一期一会という言葉だけが良く使われるようになった。」

余情残心とは、主に茶道で用いられる言葉で、「茶事が終わり客が帰った後に、残った茶を飲みながらその日の自らの行動を反省し、茶事終了後も客のことを考え続けるというおもてなしの心」を意味する表現のようです。

仕事であれ、プレイベートであれ、人と出逢うその時だけでなく、その後も大切なんだ、と感じさせる言葉です。

お家を建てられた御施主様ご家族様のことを、いつまでも考え続けるおもてなしの心を大切にしたいものです。